日本ヘルニア学会の報告です。

HOME > 学会について > 学会の御報告

学会について

第15回日本ヘルニア学会学術集会のご報告

日程

平成29年6月2日(金)-3日(土)

会場

東京ドームホテル

会長

吉田和彦(東京慈恵会医科大学葛飾医療センター外科)

2017年6月吉日

日本ヘルニア学会 会員 各位

謹啓 入梅の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
去る6月2・3日、東京ドームホテルにて開催いたしました第15回日本ヘルニア学会学術集会では、格別のご高配を賜り誠に有難うございました。
御蔭様で約880名の方にお越しいただき数々の優れた発表と活発な討議が行われ、無事に閉会を迎えることが出来ました。これもひとえに皆様のご支援の賜と深く感謝いたしております。
学会の運営に際しましては、行き届かなかった部分が多々あったことと存じますが、お許しいただければ幸いです。まずは書面にて御礼の御挨拶とさせていただきます。
末筆ながら改めてご支援ご協力に感謝申し上げますと共に、今後ともご指導ご鞭撻賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

謹白

第10回日本ヘルニア学会のご報告

日程

平成24年4月27日(金)-28日(土)

会場

ウインクあいち

会長

山本剛史(朝日大学)

第10回日本ヘルニア学会は上記の日程、会場で開催、無事終了いたしました。前回学会が震災で遅れたため、準備期間が例年の3分の2しかないというタイトなスケジュールであり、主催の先生方は大変苦労されたようで、運営業者スタッフが会場で叱咤激励されている光景なども見受けられました。内容は、一般の演題以外にも国際シンポジウムやハンズオンセミナーなど多彩なセッションが組まれており、ヘルニアを教育する立場のものとしても参考になることが多数ありました。多会場にする代わりに決まった時間のインターバルを置いて、移動時間を確保するなど、運営も新しい工夫がなされていたようです。運営のスタッフの方々、ご参加いただいた方々に御礼申し上げます。
事務局長 稲葉 毅

第9回日本ヘルニア学会のご報告

日程

平成23年8月1日(金)-2日(土)

会場

福岡サンパレス、福岡国際会議場

会長

江口 徹(原三信病院)

第9回日本ヘルニア学会学術集会は東北大震災のため、延期ておりましたが、去る8月1日、2日に福岡サンパレス、福岡国際会議場にて開催させていただき、無事終了いたしました。韓国ヘルニア学会長、Chung先生をお招きしての国際シンポジウムをはじめ、演題数は400題を越え、数多くのセミナーなどに650人以上のご参加をいただきました。 あらためて会員の皆様のご協力に感謝申し上げます。

第9回日本ヘルニア学会学術集会会長
江口 徹(原三信病院 副院長、外科主任部長)

東日本大震災のため開催が遅れていました第9回日本ヘルニア学会は、上述の日程、場所で開催、無事終了いたしました。応募演題数は400を越え、年々大きな学会となってきていることを実感しております。
被災地から演題発表に来られた方も少なくありませんでした。ある演者の方は、震災当日のめちゃめちゃになったご自身のデスクの写真を示され、「ご覧のとおりで、データがすべて飛んでしまいましたので、一から全部新たに作り直してきました。」と語っておられました。東北の底力の一端を垣間見た思いです。
理事長になりかわり、あらためて会員の皆様のご協力に感謝申し上げます。
JHS事務局 稲葉 毅

第8回日本ヘルニア学会のご報告

日程

平成22年4月16日(金)-17日(土)

会場

東京ベイホテル東急(Tokyo Disney Resort)

会長

小山 勇(埼玉医科大学)

第8回日本ヘルニア学会は上述の予定通り開催、無事終了いたしました。演題数は320を越え、Asia-Pacific Hernia Society、European Hernia SocietyからのGuest Speakerも招かれ、学会として立派なものとなりました。
理事長、学会長になりかわり、あらためて会員の皆様のご協力に感謝申し上げます。

Copyright © JAPANESE HERNIA SOCIETY