日本ヘルニア学会についてお知らせします。

HOME > 学会について

学会について

日本ヘルニア学会(JHS)について

ご挨拶

帝京大学医学部外科 冲永功太

目的

日本ヘルニア研究会は平成14年(2002)に発会準備が開始され、第1回学術集会を平成15年4月12日に開催、研究会として正式に発足しました。以後6回の研究会を開催致しました。第5回までは、研究会日程は1日間でしたが、諸先生方のご尽力により演題も増加し、第6回より日程を2日間と致しました。
会の発展に伴って、平成20年4月13日より、本会は「日本ヘルニア学会(Japanese Hernia Society)」として再スタートを切り、平成21年4月10、11日には「第7回日本ヘルニア学会」を開催、以後年々発表演題が増加しています。

研究会から学会への移行に伴って、22年から従来の施設会員制度がなくなり、すべて個人会員となりました、平成23年8月の学会開始時の会員数は611人で、昨年の同時期より80人以上増加しています。24年2月を目標にonline journalの発刊準備も進んでいます。(それと同時に本ホームページも全面的に改修される予定です。)

ヘルニアの診療や研究に当たられている方々のご入会をお待ちしております。 研修医やコメディカルの方(現会員としては、短期滞在型のチーム医療を担当されている方が入会されています)には会費割引制度もあります。

平成23年8月 初代理事長 冲永功太

個人会員数推移と学術集会参加者数推移

個人会員数

平成24年末 平成25年末 平成26年末 平成27年末 平成28年末
862 966 1103 1161 1179

学術集会参加者数

平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年末
504 567 727 706 748

問い合わせ先

帝京大学外科教室内、日本ヘルニア学会事務局

稲葉 毅(外科准教授)、田村純子(事務局担当)

住所:東京都板橋区加賀2-11-1
電話:03-3964-1231
FAX:03-5375-6097
Email:hernia@med.teikyo-u.ac.jp

Copyright © JAPANESE HERNIA SOCIETY