Top_image
HOME > 学術集会について > 支部演題賞

支部演題賞

支部推薦演題セッション表彰者

■第13回日本ヘルニア学会学術集会 平成27年5月22日
本山博章 信州大学医学部外科(信州支部)
「腹腔鏡下ヘルニア修復術(TAPP)症例に基づく,高齢者鼠径ヘルニアの病態解析」
■第14回日本ヘルニア学会学術集会 平成28年10月29日
佐藤大介 斗南病院外科(北海道支部)
「大学および関連病院が一体となったTAPP教育プロジェクト~一外科医の教育効果」
 
大関舞子 市立ひらかた病院外科(関西支部)
「成人鼠径ヘルニアに対するTEP法の定型化によるラーニングカーブの検討」
 
久留 裕 原三信病院外科(九州支部)
「Lichtenstein法におけるセルフブリップメッシュ展開の工夫」
■第15回日本ヘルニア学会学術集会 平成29年6月1日
1位 坂本友見子 国立病院機構相模原病院外科(神奈川支部)
「小児期鼠径ヘルニア手術後の成人再発症例の検討」
 
2位 福島健太郎 信州大学消化器外科(信州支部)
「ヘルニア修復術後の対側ヘルニア症例の検討」
 
3位 平良 済 大浜第一病院外科(沖縄支部)
「腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TAPP法)の困難症例に対する手術手技」
 
3位 関口久美子 日本医科大学千葉北総病院外科・消化器外科(千葉支部)
「当科における閉鎖孔ヘルニア症例の検討」
■第16回日本ヘルニア学会学術集会 平成30年6月29日
井田圭亮 聖マリアンナ医科大学病院消化器・一般外科(神奈川支部)
「不顕性ヘルニアの顕性化に関する検討」
 
伊達聡美 原三信病院外科(九州支部)
「臍部の腹壁瘢痕ヘルニア術後のメッシュ関連合併症起こした2症例について」
 
宮木祐一郎 聖隷浜松病院外科(東海支部)
「巨大腹壁瘢痕ヘルニアに対するIPOM- plus with Endoscopic Component Separationの経験」
■第17回日本ヘルニア学会学術集会 2019年5月24日
今村清隆 手稲渓仁会病院外科(北海道支部)
「内視鏡下コンポーネントセパレーション法を施行した3例」
 
山本洋太 彩の国東大宮メディカルセンター外科(埼玉支部)
「腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TAPP)を行ったinterparietal herniaの一例」
 
寺井太一 奈良県総合医療センター消化器・肝胆膵外科(関西支部)
「当科でのクーゲル法の教育 指導を受けた立場から」
■第18回日本ヘルニア学会学術集会 2020年11月3日
近藤喜太 岡山大学大学院 消化器外科学(中国・四国支部)
「鼠径ヘルニア術後の難治性疼痛およびACNESに対する神経切離術の経験」
受賞者コメント
 この度は支部推薦をいただいただけでも非常に光栄なことでしたが、その上優秀賞をいただき喜びに堪えません。「鼠径ヘルニア術後の難治性疼痛およびACNESに対する神経切離術の経験」という演題で発表いたしました。10年ほど前から腹壁の神経解剖を御献体でしっかりと勉強する機会があったこと、痛みの閾値の低い炎症性腸疾患の患者さんにいかに痛みの少ない手術を行うか日々考える機会があったこと、総合内科およびペインクリニックの先生方と日頃から議論する連携があったこと、何より痛みで苦しんでいる患者さんが目の前にいてなんとかしてあげたいと思い続けていたこと、等が複合的に重なり腹壁の神経痛という難治の疾患に外科的立場から取り組むようになりました。今後も苦しむ患者さんが少しでも痛みから解放されるような治療の一助になればと精進してまいります。今回支部推薦演題に推挙いただいた中国四国ヘルニア研究会の世話人の先生方、また日頃痛みの治療にご協力いただいている麻酔科・総合内科の関係先生方、この場を借りて厚く御礼申し上げます。
 
金平 文 メディカルトピア草加病院 外科・ヘルニアセンター(埼玉支部)
「鼠径ヘルニア術後慢性疼痛に対して腹腔鏡下にメッシュを除去した症例の検討」
受賞者コメント
 この度は、優秀演題賞を頂き、日本ヘルニア学会の皆様、支部推薦演題として推薦して頂いた埼玉ヘルニア研究会の皆様に感謝を申し上げます。今回の発表では、鼠径ヘルニア術後の慢性疼痛に対して腹腔鏡下にメッシュを除去した数例を報告させて頂きました。個々の症例に応じた手術を行いましたが、幸いにも良好な結果を得ました。鼠径ヘルニアは一般的な疾患でありながら、その病態は個々それぞれに異なる奥の深い分野であると再認識をさせられました。2012年に当院鼠径ヘルニアセンターを設立し10年近くが経ちますが、今後も、鼠径ヘルニアを患う患者さんのために、そして日本の鼠径ヘルニア治療の質の向上のために貢献できるよう、微力ながら精進したいと思います。この度は誠にありがとうございました。
 
平川俊基 府中病院 外科センター(関西支部)
「再発、合併症軽減を目指した腹壁ヘルニア手術に対する様々な手術手技の導入」
受賞者コメント
 今回このような素晴らしい賞を賜り、大変光栄に存じます。誠にありがとうございました。本来であれば会場にて皆様の面前でご挨拶申し上げるべきところですが、本年度大会がオンライン開催となった事にあわせ,文面での挨拶にて失礼いたします。これもひとえに学会ご関係の諸先生方によるご指導の賜物であり、心より感謝申し上げます。腹壁ヘルニアはテーラーメードな治療が必要であると考えております。今回の学術集会は直接お会いしての討論できないので残念でしたが、Web閲覧は何回も見直せるため大変勉強になっております。患者さんに最適な治療を提供できるように今後とも精進してまいる所存でございますので、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。