Top_image
HOME > 学会について > 会則

会則

日本ヘルニア学会会則

第1章   名   称

第1条 本会は,日本ヘルニア学会(Japanese Hernia Society)と称する。

第2章  目的および事業

第2条 本会は,腹部のヘルニア(以下ヘルニア)に関する研究の進歩発展と普及,会員相互の連絡と親睦,ならびに国際的交流を図ることを目的とする。

第3条 本会は,前条の目的を達成するためにつぎの事業を行う。

  1. 年1回の学術集会の開催
  2. 機関誌,および図書等の刊行
  3. ヘルニアに関連した事項の調査および研究
  4. 内外の関係団体との協力活動
  5. 本会の目的を達成するために必要なその他の事項

第4条 本会は、事務局を当分の間帝京大学医学部外科におく。

第3章  会  員

第5条 会員は,本会の目的に賛同し,ヘルニアに関する診療,研究,看護あるいは事業等に従事している者で,下記のいずれかに該当し,第6条に定める手続きを完了した者とする。

  1. 正会員   医師および医学研究者
  2. 準会員   臨床工学技士、看護師、薬剤師、医療事務など
  3. 賛助会員  本会への賛助を目的とした個人または団体
  4. 名誉理事長 理事長を務め、顕著な功績のあった者
  5. 名誉会長  学術集会会長を務め、顕著な功績のあった者
  6. 名誉会員  理事を務め、顕著な功績のあった者、あるいは理事同等の功績のあった者
  7. 特別会員  評議員であった者で、特別な功績のあった者、あるいは本会に特別な功績のあった者

第6条 本会に入会しようとする者は,当該年度の会費を添えて理事長宛に本会事務局へ申し込むものとする。

第7条 会員は,つぎの理由によってその資格を喪失する。

  1. 退会
  2. 会費の滞納(連続3年間)
  3. 死亡
  4. 除名

第8条 本会を退会しようとする者は,その旨を理事長宛に本会事務局へ届け出なければならない。

第9条 本会の名誉を傷つけ、または本会の目的に反する行為のあった会員は、理事会、および評議員会の議決によって除名することができる。

第10条 名誉理事長、名誉会長、名誉会員、および特別会員は、理事会において推戴する。

第4章 役員および評議員

第11条 本会には次の役員をおく。

   理事長 1名
   理事 16名以内
   学術集会会長(以下会長) 1名
   学術集会次期会長(以下次期会長) 1名
   監 事 4名以内

第12条(選任)

 理事および他の役員は理事会において選任し、評議員会の承認を得るものとする。

  1. 理事に立候補するものは、任期が1年以上の評議員でなければならない。
  2. 理事長が指定した期日までに立候補必要書類を提出した立候補者に対し、理事会審議および理事投票によって新規理事を決定する。ただし、委任状による投票はこれを認めない。
  3. 監事は理事退任者の中から理事会の承認を得て、理事長が選任する。
  4. 学術集会会長および次期会長は原則として理事の中から投票により選任する。
  5. 理事長は理事の中から選挙で選任する。

第13条(職務)

 理事長は、本会を代表し、本会の会務を統括し、理事会、評議員会を招集する。

  1. 理事は、理事会を組織し、会則に従い本会の運営に関する実務を分担する。
  2. 会長は、学術集会を主宰する。
  3. 次期会長は、次年度の会長になるものとする。
  4. 監事は、本会の会計およびその他理事の職務の執行を監査し、当学会の業務および財産の状況を調査することができる。
  5. 理事長に事故があるとき、又は欠けたときは、あらかじめ理事長によって指名された順序に従って理事が当該年度の職務を代行する。

第14条(任期)

 役員の任期は就任年度学術集会から当該年度学術集会前日までとする。

  1. 理事長の任期は1期2年とし、再任を妨げないが最大3期6年までとする。
  2. 理事の任期は1期4年とし、再任を妨げないが最大2期8 年までとする。
  3. 会長の任期は1年とする。
  4. 次期会長の任期は1年とする。
  5. 監事の任期は原則として1期3年とする。
  6. 補充または増員によって選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
  7. 理事および理事長の定年は満65歳年度の学術集会終了日までとする。
  8. 新規の理事、監事の任期は就任年度学術集会より執行される。

第15条(評議員)

 評議員は評議員選考に関する細則に則り評議員選考委員会において審査し、理事会の承認を経た後、理事長が委嘱する。

  1. 定員は正会員の10%程度とする。
  2. 評議員は、評議員会を組織し本会運営上必要な事項について審議する。
  3. 任期は1期4年とし、初回任期は一斉任期更新までとする。
  4. 任期更新手続きは4年ごとに一斉に行い、再任は妨げない。
  5. 各支部会から若干名の教育的評議員申請を認め、理事会の議をへて理事長が委嘱することができる。
  6. 連続してやむを得ない理由なく3回評議員会を欠席した者は評議員資格を失う。
  7. 定年は満65歳年度の学術集会終了日までとする。なお、評議員会費を納入すれば希望により満65歳以上でも評議員を継続できる。
  8. 総評議員の20%以上の評議員は連名で理事長に対し、一定の事項を総会の目的とすることを請求できる。この場合において、その請求は総会の6週間前までにしなければならない。
  9. 新規の評議員の任期は就任年度の学術集会より執行される。

第5章 会議

第16条(理事会)

 理事会は理事長が招集し、議長は理事長とする。

  1. 理事会は通常理事会と臨時理事会の2種類とし、通常理事会は毎年3回開催する。
    基本的に日本ヘルニア学会学術集会、日本外科学会学術集会、日本臨床外科学会総会時に通常理事会を開催する。
  2. 名誉理事長、監事、会長および次期会長は理事会に出席し意見を述べることができる。
  3. 理事の二分の一以上から会議の目的を示して請求があったときは、理事長は30日以内に理事会を招集しなければならない。
  4. 理事会は、理事の三分の二以上の出席がなければ開会することはできない。
  5. 理事会の議事は出席理事の過半数をもって決定し、賛否同数の場合は議長の決するところによる。
  6. 理事長による推薦者は、必要に応じオブザーバーとして理事会に参加することができる。

第17条(評議員会)

 評議員会は、年一回以上理事長が招集し、議長は理事長とする。

  1. 役員を除く総評議員の20%以上、または監事から目的を示して臨時評議員会開催の請求があったときは、理事長はすみやかにその可否を理事会に諮らなくてはならない。
  2. 理事長は理事会の議により臨時評議員会を招集する。
  3. 評議員会は、役員を除く評議員の二分の一以上が出席しなければ開会することはできない。
  4. やむを得ない理由のため出席できない評議員は、書面にて評決を委任することができる。
  5. 評議員会の議事は役員を除く出席評議員の過半数をもって決する。
  6. 名誉理事長、名誉会長、名誉会員、特別会員は評議員会に出席し意見を述べることができる。

第18条(総会)

 総会は、賛助会員を除く会員をもって構成する。

  1. 総会は年次学術集会の際に理事長が招集する。
  2. 総会の議長は学術集会会長とする。

第6章 委員会

第19条(委員会)

 本会はその業務を行うため必要とする委員会をおくことができる。

  1. 委員会は、委員長、顧問、委員数名をもって構成する。
  2. 委員会には担当理事1名を置くものとする。
  3. 担当理事が欠けたときは、理事長によって指名された理事が当該年度の職務を代行する。
  4. 委員は原則として評議員より選出する。
  5. 委員長は委員を推薦することができる。
  6. 委員は理事会の議を経て理事長が委嘱する。
  7. アドバイザーとしての担当顧問をおくことができる。
  8. 委員長は、毎年1回以上の定例委員会(メール委員会を含む)を召集し、その議長を担当する。
  9. 委員長は、審議状況および決議の結果を担当理事及び担当顧問へ報告し、顧問はアドバイザーとなる。
  10. 担当理事は委員会での協議事項を理事会に報告し、必要事項を評議員会に報告する。
  11. 委員会は、三分の二以上の委員の出席をもって成立する。
  12. 委員は、委任状の提出をもって出席に替えることができる。
  13. メール委員会による審議事項は顧問以外の委員全員の承認を得る。
  14. 委員会の決議は出席委員の過半数をもって決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。

第7章 学術集会

学術集会は毎年1回、会長が開催する。

第8章 支部会

本会には支部会をおくことができる。

第9章 会計

第20条 本会会員は別に定める年会費を納める。ただし、名誉理事長、名誉会長、名誉会員、特別会員は会費の納入を必要としない。

第21条 本会の会計年度は、毎年1月1日から12月31日までとする。

第22条 本会の事業計画および収支予算は、年度開始前に財務委員会検討事案を理事長が最終決定し、理事会の決議により定める。
事業計画および収支予算は、評議員会の承認を得なければならない。

第23条 本会の事業報告および収支決算は財務委員会報告を理事長が最終確認し、監事の監査を経た後、理事会および評議員会の承認を得なければならない。

第10章 会則の変更および解散

第24条 本会則は、理事会において三分の二以上の理事による決議、および評議員会の承認を得て変更することができる。

第25条 本会は、理事会において四分の三以上の理事の決議、および評議員会の承認を得たときに解散する。

第11章 附則

本会則は平成20年4月13日から施行する。

  1. 本会の運営を円滑に行うため、日本ヘルニア研究会(以下当研究会)の日本ヘルニア学会(以下本会)への移行期においては第14条に関わらず、当研究会の代表世話人は本会の理事長に、当研究会の常任世話人は本会の理事に、当研究会の監事は本会の監事に、当研究会の世話人は本会の評議員とする。
  2. 当研究会から本会への移行に際しては、当研究会の繰越金は本会が引き継ぐこととする。
  3. 当研究会から本会への移行に際しては、当研究会の会員は本会の会員へ移行することとする。
  4. 当研究会から本会への移行に際しては、当研究会施設会員は今後2年間に限り本会の施設会員とする。
  5. 本会則は平成21年4月11日に一部改訂した。
  6. 本会則は平成23年7月31日に一部改訂した。
  7. 本会則は平成26年6月5日に一部改訂した。
  8. 本会則は平成29年6月1日に一部改訂した。
  9. 本会則は平成30年6月28日に一部改訂した。