Top_image
HOME > 学会について > 委員会規則

委員会規則

日本ヘルニア学会委員会規則

財務委員会   評議員選考委員会   会則委員会   保険診療委員会   ガイドライン委員会   支部委員会   学会誌委員会   国際委員会   学術・用語委員会   倫理委員会   症例登録委員会   教育・広報委員会  

日本ヘルニア学会財務委員会規則

第1章 名称

第1条 この委員会は,日本ヘルニア学会財務委員会(以下,委員会)と称する。

第2章 適用

第2条 委員会は,日本ヘルニア学会会則第6章および第9章に定められたことのほかは,この規則によって運営する。

第3章 目的

第3条 委員会は,本会の会計および財務に関する業務を所管し,本会の円滑な運営に資することを目的とする。

第4章 業務

第4条 委員会は,前条の目的を達成するため,次の業務を行う。

  1. 本会の事業計画原案およびこれに伴う収支予算原案の編成
  2. 本会の収支決算原案の作成
  3. 理事会、評議員会に属する事項を除くその他の会計および財務に関する事項の議決および執行
  4. その他,前条の目的を達成するために必要な業務

第5章 規則の変更

第5条 この規則は,委員会の議決を経,理事会において三分の二以上の理事による決議、および評議員会の承認を得て変更することができる。

第6章 附 則

  1. この規則は平成29年6月1日から施行する。

日本ヘルニア学会評議員選考委員会規則

第1章 名称

第1条 この委員会は,日本ヘルニア学会評議員選考委員会(以下,委員会)と称する。

第2章 適用

第2条 委員会は,日本ヘルニア学会会則第4章第15条、第6章および日本ヘルニア学会施行細則Ⅱ・Ⅲに定められたことのほかは,この規則によって運営する。

第3章 目的

第3条 委員会は,本会の評議員選考に関する業務を所管し,本会の円滑な運営に資することを目的とする。

第4章 業務

第4条 委員会は,前条の目的を達成するため,次の業務を行う。

  1. 評議員選考に関する審査
  2. 評議員更新に関する審査
  3. 評議員資格喪失に関する審査
  4. その他,前条の目的を達成するために必要な業務

第5章 規則の変更

第5条 この規則は,委員会の議決を経,理事会において三分の二以上の理事による決議、および評議員会の承認を得て変更することができる。

第6章 附 則

  1. この規則は平成29年6月1日から施行する。

日本ヘルニア学会会則委員会規則

第1章 名称

第1条 この委員会は,日本ヘルニア学会会則委員会(以下,委員会)と称する。

第2章 適用

第2条 委員会は,日本ヘルニア学会会則第6章に定められたことのほかは, この規則によって運営する。

第3章 目的

第3条 委員会は,本会の会則および細則等の適正な運用と整備に関する業務を所管し,本会の円滑な運営に資することを目的とする。

第4章 業務

第4条 委員会は,前条の目的を達成するため,理事長または理事会の諮問に応じ,次の業務を行う。

  1. 会則および細則等の運用と整備
  2. 会則および細則等の疑義
  3. その他,前条の目的を達成するために必要な業務

第5章 規則の変更

第5条 この規則は,委員会の議決を経,理事会において三分の二以上の理事による決議、および評議員会の承認を得て変更することができる。

第6章 附 則

  1. この規則は平成29年6月1日から施行する。

日本ヘルニア学会保険診療委員会規則

第1章 名称

第1条 この委員会は,日本ヘルニア学会保険診療委員会(以下,委員会)と称する。

第2章 適用

第2条 委員会は,日本ヘルニア学会会則第6章に定められたことのほかは,この規則によって運営する。

第3章 目的

第3条 委員会は,本会の保険診療報酬に関する業務を所管し,ヘルニア疾患研究の進歩に即応する保険診療報酬の適正化を図ることを目的とする。

第4章 業務

第4条 委員会は,前条の目的を達成するため,次の業務を行う。

  1. 適正な保険診療報酬に関する調査と審議
  2. 保険診療報酬の適正化に関する関連学会および団体との協議と連携
  3. 保険診療報酬の適正化に関する関係官庁および団体との交渉
  4. その他,前条の目的を達成するために必要な業務

第5章 規則の変更

第5条 この規則は,委員会の議決を経,理事会において三分の二以上の理事による決議、および評議員会の承認を得て変更することができる。

第6章 附 則

  1. この規則は平成29年6月1日から施行する。

日本ヘルニア学会ガイドライン委員会規則

第1章 名称

第1条 この委員会は,日本ヘルニア学会ガイドライン委員会(以下,委員会)と称する。

第2章 適用

第2条 委員会は,日本ヘルニア学会会則第6章に定められたことのほかは,この規則によって運営する。

第3章 目的

第3条 委員会は,本会が認定するヘルニア疾患に関するガイドラインの作成および改訂を行う。

第4章 業務

第4条 委員会は,前条の目的を達成するため,次の業務を行う。

  1. 本会としてガイドラインを作成し、認定するためのシステムの構築
  2. ヘルニア疾患の標準治療を示すガイドラインの原案および改訂案の作成
  3. ガイドラインの公表
  4. その他,前条の目的を達成するために必要な業務

第5章 規則の変更

第5条 この規則は,委員会の議決を経,理事会において三分の二以上の理事による決議、および評議員会の承認を得て変更することができる。

第6章 附 則

  1. この規則は平成29年6月1日から施行する。

日本ヘルニア学会支部委員会規則

第1章 名称

第1条 この委員会は,日本ヘルニア学会支部委員会(以下,委員会)と称する。

第2章 適用

第2条 委員会は,日本ヘルニア学会会則第6章、第8章および日本ヘルニア学会施行細則Ⅴに定められたことのほかは,この規則によって運営する。

第3章 目的

第3条 委員会は,本会の支部会に関する業務を所管し,本会の円滑な運営に資することを目的とする。

第4章 業務

第4条 委員会は,前条の目的を達成するため,理事長または理事会の諮問に応じ,次の業務を行う。

  1. 支部会の設立に関する審査
  2. 支部会活動の報告の受理と評価
  3. その他,前条の目的を達成するために必要な業務

第5章 規則の変更

第5条 この規則は,委員会の議決を経,理事会において三分の二以上の理事による決議、および評議員会の承認を得て変更することができる。

第6章 附 則

  1. この規則は平成29年6月1日から施行する。

日本ヘルニア学会学会誌委員会規則

第1章 名称

第1条 この委員会は,日本ヘルニア学会学会誌委員会(以下,委員会)と称する。

第2章 適用

第2条 委員会は,日本ヘルニア学会会則第6章に定められたことのほかは,この規則によって運営する。

第3章 目的

第3条 委員会は,本会の学会誌に関する業務を所管し,ヘルニア疾患に関する研究と進歩に貢献することを目的とする。

第4章 業務

第4条 委員会は,前条の目的を達成するため,理事長または理事会の諮問に応じ,次の業務を行う。

  1. 学会誌の編集
  2. 雑誌の投稿規定に関する業務
  3. その他,前条の目的を達成するために必要な業務

第5章 規則の変更

第5条 この規則は,委員会の議決を経,理事会において三分の二以上の理事による決議、および評議員会の承認を得て変更することができる。

第6章 附 則

  1. この規則は平成29年6月1日から施行する。

日本ヘルニア学会国際委員会規則

第1章 名称

第1条 この委員会は,日本ヘルニア学会国際委員会(以下,委員会)と称する。

第2章 適用

第2条 委員会は,日本ヘルニア学会会則第6章に定められたことのほかは,この規則によって運営する。

第3章 目的

第3条 委員会は,国際学会および国外学会との連携並びに協力に関する業務を所管し,本会の国際交流に寄与することを目的とする。

第4章 業務

第4条 委員会は,前条の目的を達成するため,理事長または理事会の諮問に応じ,次の業務を行う。

  1. 国際学会または国外学会の情報収集と広報に関する業務
  2. 国際学会の主催、後援若しくは協賛に関する業務
  3. 国際学会または国外学会との調整に関する業務
  4. その他,前条の目的を達成するために必要な業務

第5章 規則の変更

第5条 この規則は,委員会の議決を経,理事会において三分の二以上の理事による決議、および評議員会の承認を得て変更することができる。

第6章 附 則

  1. この規則は平成29年6月1日から施行する。

日本ヘルニア学会学術・用語委員会規則

第1章 名称

第1条 この委員会は,日本ヘルニア学会学術・用語委員会(以下,委員会)と称する。

第2章 適用

第2条 委員会は,日本ヘルニア学会会則第6章に定められたことのほかは,この規則によって運営する。

第3章 目的

第3条 委員会は,ヘルニア関連の用語等に関する業務を所管し,ヘルニア疾患の臨床と研究に貢献することを目的とする。

第4章 業務

第4条 委員会は,前条の目的を達成するため,理事長または理事会の諮問に応じ,次の業務を行う。

  1. ヘルニアに関する用語の審議
  2. 一般社団法人日本外科学会用語集への登録に関する業務
  3. その他,前条の目的を達成するために必要な業務

第5章 規則の変更

第5条 この規則は,委員会の議決を経,理事会において三分の二以上の理事による決議、および評議員会の承認を得て変更することができる。

第6章 附 則

  1. この規則は平成29年6月1日から施行する。

日本ヘルニア学会倫理委員会規則

第1章 名称

第1条 この委員会は,日本ヘルニア学会倫理委員会(以下,委員会)と称する。

第2章 適用

第2条 委員会は,日本ヘルニア学会会則第6章に定められたことのほかは, この規則によって運営する。

第3章 目的

第3条 委員会は,本会における人を直接の対象とする医学的研究において、ヘルシンキ宣言の趣旨に沿った倫理上の指針を与えることを目的とし、会員に倫理規範の遵守を求め、会員の倫理規範に反する行為に対する審議等を行うことを目的とする。

第4章 倫理規範に違反する行為

第4条 倫理規範に違反する行為とは、次の行為をいう。

  1. 法令または本会の会則その他の規則に違反したとき
  2. 本会の名誉を傷つけ、または目的に違反する行為をしたとき
  3. 研究の倫理指針に違反したとき
  4. その他正当な事由があるとき

第5章 業務

第5条 委員会は,前条の目的を達成するため,理事長または理事会の諮問に応じ,次の業務を行う。

  1. ヘルニア診療並びに研究に関する倫理上の問題についての審査
  2. 会員に倫理規範に反する行為があったと疑われる場合に、その事実調査並びに聴聞・弁明の機会を付与する業務
  3. その他,前条の目的を達成するために必要な業務

第6章 規則の変更

第6条 この規則は,委員会の議決を経,理事会において三分の二以上の理事による決議、および評議員会の承認を得て変更することができる。

第7章 附 則

  1. この規則は平成29年6月1日から施行する。

日本ヘルニア学会症例登録委員会規則

第1章 名称

第1条 この委員会は,日本ヘルニア学会症例登録委員会(以下,委員会)と称する。

第2章 適用

第2条 委員会は,日本ヘルニア学会会則第6章に定められたことのほかは, この規則によって運営する。

第3章 目的

第3条 委員会は,ヘルニア疾患の症例登録を行い、会員の共有財産であるデータベースの作成と管理、情報の提供を行うことにより、ヘルニア疾患の診療の実態を把握し、診療の質を改善させることを目的とする。

第4章 業務

第4条 委員会は,前条の目的を達成するため,理事長または理事会の諮問に応じ,次の業務を行う。

  1. ヘルニア疾患の全国登録システムの構築と推進
  2. データベースの作成と管理、情報の提供
  3. その他,前条の目的を達成するために必要な業務

第5章 規則の変更

第5条 この規則は,委員会の議決を経,理事会において三分の二以上の理事による決議、および評議員会の承認を得て変更することができる。

第6章 附 則

  1. この規則は平成29年6月1日から施行する。

日本ヘルニア学会教育・広報委員会規則

第1章 名称

第1条 この委員会は,日本ヘルニア学会広報・教育委員会(以下,委員会)と称する。

第2章 適用

第2条 委員会は,日本ヘルニア学会会則第6章に定められたことのほかは,この規則によって運営する。

第3章 目的

第3条 委員会は,教育についての企画・運営を検討し、本会活動内容や広く日本ヘルニア学会に関する情報を会員および社会に広報することにより、社会の理解と信頼を支援する。

第4章 業務

第4条 委員会は,前条の目的を達成するため,次の業務を行う。

  1. 本会として教育についての企画・運営を検討
  2. 本会活動内容や広く日本ヘルニア学会に関する情報を会員および社会に広報する
  3. ホームページの監査、改正
  4. その他,前条の目的を達成するために必要な業務

第5章 規則の変更

第5条 この規則は,委員会の議決を経,理事会において三分の二以上の理事による決議、および評議員会の承認を得て変更することができる。

第6章 附 則

  1. この規則は平成29年6月1日から施行する。